□ 管理釣り場でのテンカラ釣りの魅力

 

テンカラ釣りは渓流に生息するヤマメやアマゴ、イワナなどを1本の毛バリで釣る釣法です。

 

河川の中でも特に上流域である渓流を主な釣り場とするため、いざ釣りに行こうと思ってみても渓流への釣行に備えかなりの準備や道具が必要となるため入渓するだけでも大変です。

 

また、水没や落石、転倒に滑落、蛇、熊、蜂などの危険な生物も待ち受けています。

ベテランの同行者がいない状況であれば初心者がいきなりチャレンジするには、少し難しい釣りかもしれません。

 

そんな初心者の方やこれからテンカラ釣りを始めてみようと考えている方におすすめなのが「管理釣り場」です。

 

↑ 神奈川にあるルアー・フライ・テンカラ専用の管理釣り場「リヴァスポット早戸」

 

管理釣り場は、きちんと区画整備もされ場所によっては釣った魚を食べられるBBQ場も併設されているので、家族連れでも安心して楽しむことができるのができます。

 

またレストランがある施設も多く、事前に買い出しに行くことなくランチを楽しむこともできますし、道具が壊れたり忘れ物があってもある程度のものは売店で調達することができます。

 

気軽に楽しみつつテンカラ釣りの魅力を味わうことができるため、自然渓流釣りへの足掛かりとして練習場に利用される方も多くいます。

 


 

「はじめてのテンカラ釣りに挑戦したい!」 初心者の方に おすすめ!

テンカラ釣り初級編はこちら⇩


 

「さらにテンカラ釣りを極めたい!」という方におすすめ!

  中級編はこちらから⇩