English / 한국어 / 中文 / Русский / Français / Español / عربي


 

涸沼川の海洋竿(イカダ竿の原型)をセミ鯨を

材料に製作

 

櫻井治三郎が息子櫻井信太郎の後見役となり神田川沿いの文京区牛込大曲に最初の釣具店を構える

竿名に当時の神田川の旧名である「江戸川」を用いる

主に鮎ドブ竿(友竿も一部)ヤマメ竿(竹竿)などの製造販売を始める

 In 1888, Jisaburo Sakurai, the father of Shintaro Sakurai (Edogawa the 1st) opens a fishing tackle shop along the river of "Edogawa".  Our rod cfaftman's name "Edogawa" brand is named after this river.  Edogawa shop starts to sell bamboo Ayu and Yamame rods.

 

大洪水で店舗が流失する

Our shop gets washed away by the historical flood.

 

再開した新小川町店舗から移転した千代田区飯田橋駅近くの店舗が大洪水で店舗が大水にあう

Our new relocated shop by Iidabashi station gets washed away by the flood again.

 

 

二代目櫻井博現在の中央通り(千代田区鍛冶町1-8-1)の新社屋で独立する

Hiroshi Sakurai, Edogawa the 2nd starts fishing business again at where we are located in Kanda. 

 

竹継竿製造及び大東亜共栄圏輸出

本邦第一位の成績を収める

Fishing rods of Edogawa the 2nd start to be exported to Greater East Asia Co-Prosperity Sphere and become the top sales in Japan.

 

1940年代  物品税撤廃運動

二代目櫻井博、釣具の物品税品目入りを阻止するため国会議事堂へ単独抗議

釣具業界の途絶を防ぐため大きな貢献を果たす

その際親交を結んだ政治家達と撮影したもの

 

In1940.Hiroshi Sakurai, the second generation, protests to the Diet Building to prevent fishing tackle from entering the excise tax item

Make a big contribution to prevent disruption of the fishing tackle industry


   

ナイロン糸により考案された世界初のワーム「サクラベイト」を発明する

同時に「サクラフジベイト」も販売開始する

Edogawa the 2nd invents the world-first plastic worms called "Sakura Bait" by the hint of Nylon thread.

Also, "Sakura Fuji Bait" debuts.

 

墨田区太平町に墨田工場を新設する

Our first factory gets completed in Taiheicho Sumida-ku.

 

 

六角竿コンビネーション朝鮮戦争の折、米国初の国連軍兵士土産品として大ブレークする

Our hexagonal bamboo combination rod sets get a big break to American soldiers during Korean war.

 

かぶれず耐水性に優れた元祖釣竿用合成うるしを販売

その後、金継ぎの簡易的塗料として人気を博す

"Blow fish" brand paint for fishing rod building debuts.

 Then it becomes very popular for traditional "Kintsugi" technique of repairing pottery and plates.

 

 

軍購売局にトラックで10000本納入

10000 sets of combination rods get delivered to American Post Exchange by a load of truck.

 

 

六角竿の生みの親として鈴木魚心先生監修の洋風ルアーロッド・フライロッド及び櫻井博(伊勢六釣人)監修の船竿・投げ竿など各種釣竿を製造する

コンビネーションロッドは海外へも直接輸出する

 Edogawa the 2nd starts manufacturing Fly and Lure rods with the advises of Mr. Gyoshin Suzuki in full-scale operation, and exports the rods.

 

 

大林組施工で鉄筋鉄骨七階地下一階

「神田サクラビル」新社屋建設

New Kanda Sakura building gets rebuilt as a new office with Sakurai fishing tackle shop.

 

日本初のグラス並継へら竿を発売する

サクラ筏竿の原型である筏竿(ソリッド+六角)

 The world-first glass fiber Hera in-stick rod debuts.

Sakura Original Ikada rod with glass fiber solid and hexagonal bamboo rod  debuts.

 

鈴木魚心先生監修による渓流用毛鉤竿を販売する

 Sakura Tenkara rod with the advises of Mr. Gyoshin Suzuki debuts.  Sakura changes traditionally professional Tenkara fishing into sport fishing to make Tenkara fishing more popular. 

 

磯竿の王様に由来する「海王」が人気を博す

Sakura rock shore striped beak fish "Sea God" gets popular.

 

小田原一鱚先生との共同開発による遠投竿が記録的な販売実績を上げる

 Collaboration of long cast rod "Nippon Gou A, B, C" with Mr. Ikki Odawara gets the record sale in Japan.

 

鯉釣りや渓流などでも使える「引出式へら かっつけ竿」販売

 Fiber Glass telescopic "Suigou" carp rod debuts.

 

替ジョイント付で穂先が仕舞える画期的チヌ竿を販売

 Edogawa the 3rd develops innovational "Magic Chinu" ikada rod.

 


   

世界初オールステンレスガイド・特殊ベアリングトップ搭載

豪華な金色特別塗装を研究開発

 The world-first original all stainless guided trolling rod debuts.

 

グラスシャクリ竿の決定版

 

グラスで初のルアー専用ロッドを販売

 The first glass fiber lure rod "Sakura Vinus" debuts.

 

チヌ竿最古(大正末期)の歴史を持つ当社が各地方の釣り場に合わせ調子を変えて制作

 Sakura wtih the longest ikada rod history starts to make various ikada rods actions for local fishing areas.

 

高強度クリスタルグラス製リング入りのオリジナルガイドを販売

 Sakura starts selling original crystal glass guides.

 

「金剛不壊」より「金剛」を改名

ホソ・カル・ピン(細く・軽い・反発力)のへら竿総高野調子の誕生

 Edogawa starts selling graphite Hera (Crusian carp) in-stick rods "Kongo".

 

軽量細身のカーボン鮎竿を販売

 Thin and light Ayu rod debuts.

 

海津釣り用野島調子のヘチ竿を販売

 Sakura starts selling new "Hechi" rod.

 

「美術年鑑(785頁)」「美術名典(516頁)」に江戸川は釣竿造りの歴史始まって以来初めて登載され美術界より日本伝統美術工芸品釣竿作家として認められる

 Sakura rods gets admitted as Japanese traditional craft works by art industry.

 

今の「夕なぎシリーズ」の原型

関東式野島チヌコスリ竿の普及版を販売

 The fisrt Hechi rod "Yunagi" debuts.

 

穴を開ける独自設計により軽量化を実現したヘチ用リールを販売

 The first "Hechi" reel called "Ooedo" debuts.


   

超大物黒鯛の引きにも負けない腰の強いチヌ竿

「櫻伊勢シリーズ」販売

The first ikada rod for big game, "Ise" debuts.

 

金剛(カーボン)素材の各種鯉竿を販売

 Sakura starts developments of new graphite carp telescopic rods.

 

カーボン素材のてんから竿を販売

 New graphite tenkara rod "Kongo" debuts.

 

金剛(カーボン)カワハギ釣り専用竿を販売

 First Kongo Kawahagi rod debuts.

 

オールカーボンキス竿が一大ブランドを築く

 All graphite "Kuroshio", whiting rod, becomes the big brand.

 

従来の「潮」をカーボンで細身軽量化したカレイ竿を販売

 First graphite "Ushio" debuts.  

 

二代目江戸川 東京都千代田区の重要無形文化財となる

 Edogawa the 2nd becomes an important intangible cultural property.

 

チューブラー軽量素材野島調子のヘチ竿販売

 Graphite "Yunagi" debuts.


   

営業松本氏が開発

仙台地方で大ブレイク

Graphite "DX Ushio" by Mr Shoji Matsumoto becomes the big brand in Miyagi prefecture.

 

 

つり具の櫻井を釣りバカ日誌9のロケ地として提供

National famous movie "Tsuribaka Nisshi (The Diary of Fishing Freak)" movie is shot in our shop.

 

糸絡みを"スルリ”と外せるSiCリング製のオリジナルガイド各竿に搭載

Sakura develops original thoroughly guides. 

 

四代目江戸川が先駆けて専用竿を開発

 Edogawa the 4th develops a rod for big fin squid.

 

服部善郎先生がライトタックル五目釣りを提唱

 Japanese legend angler Mr. Yoshirou Hattori advocates "Light Tackle Variety Fishing" with Sakura.

 

東京湾での軽いオモリでのフグ釣り専用竿を開発

一気に東京湾でのフグ釣りが広まる

 Sakura becomes a pioneer of Blow fish rod for Tokyo Bay.

 

四代目江戸川がプラズマチタンガイドを開発

 Edogawa the 4th develops Plasma Titanium Guides.

 

小林重工氏監修のアーバンフィッシング専用竿を販売

 Collaboration rod of urban fishing with "Kobayashi Heavy industry" starts.

 

圧倒的伝達スピードと感度を世に知らしめる船竿フラグシップシリーズが始まる

Kongo Geki series for special Tokyo bay boat rods starts.

 

ファッションブランド「NEPENTHES (ネペンテス)」と本格派てんから竿のコラボレーション企画を開始

 Collaboration Tenkara rod with fashion brand "Nepenthes" brand starts.

 

タナシン電機株式会社より「BOUZプロダクションを」委ねられる

 Tanashin company hands over "Bouz production" to  Edogawa the 4th.

 

“老舗メーカーの新たな挑戦”と題しルアーフィッシングロッドを主としたシリーズが始まる

 Sakura Lure Division starts.

 

九頭竜川マイスターである森下映治氏監修サクラマスロッドの企画が開始する

  Collaboration Cherry Salmon lure rod with Mr. Eiji Morishita "The Kuzuryu Master" starts.

 

汎用性を基盤としたC3をブラッシュアップしたバーサタイルロッドシリーズが本格始動

Versatile lure rod series C3+ W.o.r.C "World Record Catcher" starts as refined version.

 

金剛激シリーズのセカンドラインが始動

The second line of "Kongo Geki" starts.

 

ビームスジャパン新宿店で“初めての釣り”に限定オリジナルビームスコラボロッドを発表

Sakura exhibits collaboration lure rod with fashion brand "Beams Japan".